英語学習法

英会話の勉強をこれから始める方へのアドバイス

Hello!
本日はこれから英会話の勉強を始めたい方に向けてアドバイスをしたいと思います。英会話ラボにお越し頂いている皆さんの多くは、中学・高校と授業で英語を習っているにも関わらず英語が喋れない状況かと思います。残念ながら中学・高校の授業方法では英語を喋れるようにはならないのですよね・・・
それでは英会話の勉強を何から始めれば良いか以下にお答えします。

「自己紹介」を言う練習を徹底的に行う!

まずは英語で自己紹介が言えるようになってください。なぜ自己紹介が言えるようになることが重要かを以下に説明します。

自己紹介はコミュニケーションの基本である

始めて人に会う時って自己紹介をしますよね。英語も同じで外国人に初めて会うときは自己紹介から始まります。自己紹介は日本語・英語に関わらずコミュニケーションの基本といえるので、最低限言えるようになりましょう。

スピーキングができないと会話が成立しない

外国人との英会話を成立させるためには、スピーキングができないと話になりません。僕も昔は外国人がいると緊張して固まって言葉を発することができませんでした(苦笑)。ただし、最低限自己紹介の英語ができれば、少しではありますが会話が成立します。

何度も練習しなければいざと言うときに話せない

最も使用する機会が多い「自己紹介」を何度も練習することがポイントです。複数回同じフレーズを言うことで、頭で考えなくても自然と言えるようになります。ここで注意しておきたいのが、読んだり聞いたりして理解することと、喋れることは別問題です。喋れるようになるためには、当然喋る練習を行わなければいけません。簡単だと思うフレーズでも何度も練習して自然と言えるようになりましょう。

自己紹介の例

Hello! Nice to meet you.
I’m Taka, and I’m from Japan.
I’m an automotive component engineer.
I’m studying English right now because I want to communicate with foreigners.
My English skill is low, but I have high motivation to study English!
Thank you.

<和訳>
こんにちは!始めまして。
私はTakaで、日本出身です。
私は自動車部品のエンジニアです。
私は現在英語を勉強しています、その理由は外国人とコミュニケーションを取りたいからです。
私の英語スキルは低いですが、英語を勉強するモチベーションは高いです!
よろしくお願いします。

これは一例ですが、上記のような自己紹介を自分で作成して、唱えるように練習してください。自己紹介ができれば最低限相手は自分が何者なのかは理解してくれます。

Takaの痛いエピソード

僕も22歳の頃は全く英語が話せなかったので、初めて会う外国人の対応には苦労しました。大学4年のときに配属された研究室(ゼミ)では、外国人のドクターが多く在籍していました。ある日、アルゼンチンから僕の所属している研究室にやってきたドクターと廊下で話す機会があり、僕は緊張しまくって

「あああ、あーあーあー、えーっと」

としか話ができませんでした(笑)。ちょうど僕の友達にもその姿を見られており、メッチャ笑われました。
あのときは相当恥ずかしかったですが、今となってはいい思い出です(笑)。僕は英語学習に変なプライドや恥ずかしさはいらないと思っています。とことん恥をかきながらも頑張る方が絶対成長は早いです。


まとめ

・英会話のファーストステップは自己紹介を徹底的に極めること
・スピーキングは訓練が必要なので、繰り返し声に出して練習する
・英語学習する上ではプライドや恥ずかしさは捨てる

Thank you for reading!
Taka


ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー