英単語

プロアクティブ(Proactive)の正しい意味とは?【英語・ビジネスキーワード】

プロアクティブ(Proactive)の正しい意味とは?【英語・ビジネスキーワード】

皆さんはプロアクティブ(Proactive)という言葉を聞いたことはありますでしょうか?ちなみにニキビケア化粧品のプロアクティブのことではないですよ(笑)

ここでいうプロアクティブとは、ビジネスなどでしばしば使われる英語のことを意味しています。ビジネス現場で聞いたことがある方も、いまいち正しい意味を理解できずにいるのではないでしょうか?というのも、こういった言葉は、ビジネスでよく使われているものの、いまいち正しい日本語訳が存在しないからです。

そこで、今回はproactiveの正しい意味をお伝えし、外国人とのビジネスの場に役立てて頂ければと思います。

プロアクティブ(Proactive)について

proactive

Proactiveの意味

Proactiveは、消極的の反対の意味です。Being proactiveとは、絶対にやらなければならない状態になる前に、それをやることです。この言葉は常に肯定的な動作を示しています。

Proactiveと同じ意味の表現として、「必要にせまられる前に行動をとる」ことや、「問題が大きくなる前に摘み取っておく」ことがあります。

Proactiveの例文

例文を使って、proactiveという英語に慣れていきましょう。

The City of Chicago is taking proactive steps to reduce crime.

犯罪を少なくするため、シカゴ市はproactiveなステップを実施しています。

The survey was given out to customers so that the company could take proactive steps to improve their service.

その調査は顧客に対して行われたので、その企業はサービス向上のためのproactiveなステップを実施できた。

The city is taking a proactive approach to fighting crime by hiring more police officers.

その都市では、より多くの警察官を雇うことで、犯罪に立ち向かうためのproactiveなアプローチを実施しています。

Proactiveは「積極的」なニュアンス

日本語の「積極的」はよく「aggressive」と訳されていますが、それは正確な英訳ではありません。

アメリカ人にとって、aggressiveは否定的な感じがあり、ケンカを売る、押しつけがましい、といったイメージがあります。Proactiveは肯定的に聞こえるので、「積極的」のニュアンスをより正確に伝えます。

ビジネスへの応用

action

ビジネスではProactiveな姿勢が大切

ビジネス上はproactiveな姿勢がとても大切です。なぜなら問題が発生するまで待っていたら手遅れになるからです。ビジネス上の問題に対して消極的な態度をとり、その問題から逃げていると、あとあと取りかえしのつかないことになります。

問題や問題となる可能性のある案件については、proactiveな対応が求められます。これは僕が社会人として仕事をしながら、いつも思っていることでもあります。

皆さんもproactiveな行動を心がけていただければと思います。

Be proactive!

その他のビジネス・キーワード

今回はproactiveについてご紹介しましたが、ビジネスでよく使われる英語(英単語)は、そのほかにもたくさんあります。皆さんの「聞いたことはあるけど意味がいまいち分からない」を解消していきます。

インセンティブの意味

マイルストーンの使い方

日本人はマイクロマネージャー!?

英会話ラボを通じて、少しずつビジネスでよく使われる英語の語彙力を増やしていきましょう!

YouTube動画公開中!

英語学習者の中には
外国人との国際交流の仕方を
知らない方も多いはず。

そこで!

Takaが実際に外国人と
コミュニケーションする様子を
YouTubeにアップしています。

リアル英会話を
疑似体験してみてください!

YouTube動画を観る