イタリア

【イタリア文化】イタリアにはトイレが2つ!?その謎を解き明かします

Hello everyone!

前回はイタリアのコーヒー文化についてご紹介しましたが、今回はイタリアのトイレ文化についての記事を書きたいと思います。

なんでトイレ?と思うかもしれませんが、皆さんがイタリアの友だちの家やホテルに行けば必ず出くわす疑問だからです。

イタリアにはトイレ用とビデ用の2つの便器が存在する

イタリアにはトイレ用とビデ用に2つの便器が存在します。
以下の写真は僕の友人宅のトイレになります(許可をもらって写真投稿しています)。


日本人なら一つの便器は当然トイレ用だと分かりますよね。
ただ、もう一つの便器は何用か分からないのではないのでしょうか?

イタリア人の友だちいわく、僕以外に遊びにきた日本人も「何これ?」と同様の質問をしたそうです。

この何用か分からないもう一つの便器がビデ用の便器なのです。
もちろん女性用のものになりますので男性は使わないようにしてください!

複数の家庭やホテルに行きましたが、どの家庭やホテルにもビデ用便器が備わっていました!

旅行でイタリアに行く方は多いと思いますが、この記事を読んだ方はドヤ顔で2つの便器の真相を教えてあげましょう!
これであなたも知識人ですね!(笑)


ビデ用タオルの存在にご注意を!

上記の内容でトイレが2つある意味をご理解いただけたと思いますが、まだ理解しておかなければいけないことがあります。
それはビデに使用されるタオルについてです。

イタリアで使用されるタオルの種類としては、大きさ順でバスタオル、フェイス・ハンドタオル、ビデタオルが存在します。
ビデタオルが一番小さいタオルになりますので、仮にイタリア人の家でトイレを使用する際は、一番小さいタオルを手を拭くのに使用しないように注意してくださいね。

日本人的な考えとしては、ビデ後はトイレットペーパーだと思うかもしれませんが、イタリアではタオルなのです。

みなさんトイレに行く際にはどのタオルがどの部位に使用されるのかを注意して使用してください。
間違っても一番小さいタオルをフェイスタオルに使用するのは控えてくださいね!(笑)

日本の洋式トイレが世界に広まらない理由

海外に行くと日本の洋式トイレは存在しません。少なくともアメリカやイタリアなど、僕が訪れたことのある海外では日本の様式トイレが存在しませんでした。

僕の考えですが、その理由はズバリ「コンセントがない」からです。

日本の洋式トイレでは一つの便座に様々な機能が備わっていますよね。
ビデ機能もありますし、便座を暖める機能もあります。
これらの機能ってどう考えても便利なので、海外でも取り入れるべきだと思います。

ただし海外では日本の洋式トイレがなぜか広まらない。

様式トイレにビザや便座を暖める機能を持たせるにはコンセントが必要なのですが、海外にはトイレ付近にコンセントが存在しません。

これは僕の考えですが、海外はトイレ付近にコンセントが存在しないため、日本の洋式トイレが広まらないのだと考えています。

とはいっても日本の様式トイレって高機能なので、いずれ海外でも広がっていき、家やホテルを設計する段階からトイレはコンセント付きの設計に変わっていくと願っています。

なんてったってかなり便利ですからね!

今回はイタリアのトイレ事情についてお伝えしましたが、イタリア旅行時にはきっと役に立つ情報なので、ぜひ頭の隅にでも記憶しておいてもらえれば幸いです。

そして海外のトイレと比較するからこそ分かりますが、日本の洋式トイレは最高ですよ!

TOTOに感謝です!(笑)

Ciao!
Taka

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー