英語学習法

外国人と意思疎通するために、英語の発音はどの程度必要なのか?【日本人・英語発音】

外国人と意思疎通するために、英語の発音はどの程度必要なのか?【日本人・英語発音】

本日は英語の発音についての僕の持論を述べたいと思います。

日本人の英語学習者であれば、発音は気になるところでしょう。

「本当に自分の発音は理解してもらえるのか?」

そんな疑問を持った英語学習者は多いはずです。

ここでは、どの程度の英語発音力があれば外国人に理解してもらえるのか、僕の実体験をもとにお伝えしたいと思います。

ちなみに僕自身は22歳までは全く英語を話せなかった身であるので、ネイティブ発音とは程遠いですが、しっかりとビジネスの場で英語を使って交渉などを行っています。

僕の経歴の詳細については以下の記事を覗いてみてください。

英会話ラボのTakaってどんな人?Takaのプロフィール 自己紹介させてください。関西在住のTakaと申します。 生まれは和歌山で親はみかん農家です。 ※僕はスーパ...
アメリカ駐在
アメリカ駐在することに決まりました!【北米・駐在・ビジネス】本日は読者の皆さんにお伝えすることがあります。 ついにアメリカ駐在することになりました! 実は数日前から内示は出ていたのです...

それでは英語発音についてお伝えしていきます!

日本人が必要な英語発音力

日本人が必要な英語発音力は

ある程度ポイントを抑えた発音ができること

です。

どういうことかと言うと、日本人が区別をつけるのを苦手とする「Right」「Light」や「She」「See」などの発音がしっかりと言えることです。

日本人はこれらの発音の区別が苦手なので、同じ発音をしてしまう傾向がありますが、それでは外国人は困惑してしまいます。

もちろん英語の先生など、ある程度日本人の英語に慣れている人であれば、意味を理解してもらえますが、それだとコミュニケーションを取れる人が限定されてしまします。

やはり誰に対しても通用する英語を話したいですからね!

じゃあどうすればポイントを抑えた発音ができるのでしょうか?

それは以下の本が役に立ちます。

僕はこの本から日本人の苦手とする発音をある程度克服できたのと、外国人にも理解してもらえる英語発音を身に付けました!


さらに英語発音のレベルを上げるには

上記の英語耳に記載ある発音のポイントを抑えることで、外国人にも理解してもらえる英語を話すことが可能です。

しかし、より外国人に理解してもらいやすくするためには、以下の事を理解しておく必要があります。

声の出し方に関して、

ネイティブの声の出し方は日本人のそれとは全く異なる

ということです。

日本人の場合、口先から声が出ていますが、ネイティブの場合は、喉から声が出ています。

口先から声を出すと、英単語同士の音が途切れてしまうので、外国人にとっては聴き取り取りづらくなります。

ネイティブの英語を聞いてもらえれば分かりますが、英単語同士が繋がって聞こえますよね。

それは喉から声を出しており、音が途切れないからです。

上記の違いを知った上で、英語を話すときは「喉から声を出す」ということを意識して話してみてください。

そうすれば他の日本人とは一味違った(よりネイティブに近い)英語発音を身に付けることが可能です。

喉を使って英語を話すことができると、かなりネイティブに近い発音を身に付けることが可能ですよ。

僕は現時点では全くネイティブのような発音ではないですが、それでも周りからは「発音が他の日本人とは違う」と言われています。

喉を使った英語発音のマスタリーを目指すには以下の本がオススメです。

さいごに

大人になってから英語を勉強する人が目指すべき発音は、「ある程度ポイントを押さえた発音」です。

日本人が苦手とする発音は意識して発音できるようになることが大切ですね。

英語による意思疎通が目的であれば、カタカナ英語はダメですが、ネイティブのような発音を身に付ける必要はありません。

発音のポイントを押さえることで、外国人は英語を理解してくれるようになりますよ!

Let’s practice English pronunciation with me!


ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー