国際交流

【外国人と外人の違い】聞き手はどう感じるのか?

お久しぶりです!英会話ラボのTakaです。

2018年11月よりアメリカに住み始めているのですが、中々記事を書けずにファンの方にはご迷惑おかけしており、すいません。
※このサイトのファンがいるかは不明です(笑)

さて、今回は日本人以外の人たちと国際交流する上で知っておいた方が良いことを、ここに記載したいと思います。

日本人以外の国を国籍で持つ人たちのことを、皆さんは日本語で何て言いますか?
おそらく以下の2通りになると思います。

  • 外国人
  • 外人

先に大事なことを伝えておくと、「外人」という言葉は、使わないほうがいいです。以下にその理由を詳しく説明します。ちなみに外国人(外人)の英語は”foreigner”ですね。覚えておいてください。

⇒【英語でモテる!?

なぜ「外人」と言うとダメなのか

外人という言葉を、ある程度日本語の分かる非日本人の方が聞くと、以下の意味で捉える人が一定数います。

外の人

外の人ってなんとなく差別っぽい感じがしませんか?「あなたは外の人で、私たち日本人とは違います」といったイメージです。まさに非日本人の方はそう感じるのです。

もちろん僕たち日本人は、外人、外国人という言葉に対して、特にその違いを意識しているわけではありません。僕も昔は外人の方が言いやすかったので、そのように言ってました。しかし、元同僚のアメリカ人が「外人」という言葉を聞くと差別に感じると言って以来、僕は外人ということは止めて、外国人と言うようになりました。

大事なことは、僕たちがどう考えるかではなくて、相手がどう感じるかです。

イジメと一緒の理論です。本人がイジめてるつもりがなくても、相手がイジメられていると思えば、そうなのです。

だからこそ、この記事を読んでいる皆さんには、外国人と言ってほしいです。

⇒【外国人が怖いは勘違い!?


国際交流の重要性

外人・外国人と言う言葉について、上記のような違いがあるなんて僕は外国人から直接聞くまで知りませんでした。

ちなみに実際に外国人とコミュニケーションを取ることで得られる情報は、情報としての精度が高いのと、体感レベルで理解できるために、とても価値が高いものだと思います。

僕は、自分自身を含め、日本人の皆さんがもっと国際交流する機会を持てば、いろんな気付きに出会えるのと、人間的に成長できると思っています。

グローバル化している時代だからこそ、皆さんには積極的に外国人とコミュニケーションをとってほしいですね。そうすればもっと日本が楽しくなると思います!

グローバル人材
グローバル人材に必要な3つの条件【メーカー勤務者がグローバルに戦うために】近年のインターネットの発達にともなうグローバル化によって、多くの企業でもグローバル人材が求められるようになってきました。僕はメーカー勤め...
日本人の「タトゥー(刺青)」に関して思うこと【日本から偏見をなくしたい】
日本人の「タトゥー(刺青)」に関して思うこと【日本から偏見をなくしたい】皆さんは日本人の「タトゥー(刺青)」に対してどのようなイメージを持っていますか? おそらくネガティブなイメージを持っている方が大半...

⇒【上海ぼったくり前編

⇒【上海ぼったくり後編


ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は、Speaking Bizのレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー