英語フレーズ

グラウンドホッグデー(Groundhog Day)とは?

皆さんはグラウンドホッグデー(Groundhog Day)とう日を知っていますか?

日本人の皆さんであれば知っている方は少ないと思います。しかし、アメリカ人やカナダ人であればみんな知っています!

そこで今回はGroundhog Dayについて紹介したいと思います。後半には関連する英語表現を記載しますね。

Groundhog Dayとは

Groundhog Dayとは、アメリカやカナダで毎年2月2日に行われる、Groundhog(リスを大きくしたような動物)を使った春の訪れを予想する天気占いの行事です。

どういった占いかを以下にもう少し説明します。

Groundhogは冬の間は冬眠しているのですが、2月2日に穴から地上に出てくるのです(実際に本当に出てくるのかは僕は分かりません)。

2月2日が晴れている日であれば、Groundhogは自身の影を見ることができます。その場合、冬はまだ長引くと言われています。

仮に曇の日などで、自身の影を見ることができなければ、もうすぐ春が訪れるというわけです。

ちなみに僕のアメリカ人の知り合いは、この占いは馬鹿げている(stupid)だと言っていました(笑)。


なぜ影を見ると冬が長引くのか

それではなぜGroundhogが自身の影をみると、冬はまだ長引くと言われているのでしょうか?

これはある意味理に適っています。

なぜなら、Takaが住んでいるデトロイト(ミシガン州)などでは、特に寒い日に限って天気は晴れているからです。

デトロイトでは寒い日には-20℃以下になります。そんなときほど外はメチャメチャ天気がいいのですよね。だから外に出たときに「騙された!」と思うわけです(笑)。

英語表現としてのGroundhog Day

Groundhog Dayは「毎日同じことを繰り返す日々」という意味で使われることもあります。

以下に例文を記載します。

My life never changes. Every day is Groundhog Day.
私の生活は全く変わりません。毎日が同じ日の繰り返しです。

Groundhog Dayが英語表現として使われた背景には、1993年に上映されたGroundhog Dayというアメリカの映画が関係しています。

ちなみに日本語の映画のタイトルは「恋はデジャ・ブ」と、全く異なるタイトルになっています(笑)。

そういやアメリカでは

No soup for you!

というジョークもあるのですが、これもアメリカンドラマから生まれたジョークですね。詳しくは以下に記載しています。

https://xn--zdkza591sx59bl3h.com/no-soup-for-you/

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー