英語表現

【KISSの原則】KISSの意味はキスだけではなかった!?

kiss

皆さんKISSの意味はご存知ですか?おそらくほとんどの方はご存知だと思います。読み方のとおり「キス」ですね。あのロマンティックなシーンで良くあるやつです。

このKISSという言葉、実はキスとは全く違う意味でアメリカ人に使われていたりするんです。僕が仕事の関係でアメリカに駐在していた頃、当時のボスに教えてもらったのでご紹介します。

Keep it simple, stupid

実はKISSは”Keep it simple, stupid”の頭字語(英語でacronymといいます)なのです。この意味はといいますと、

Keep it simple, supid
シンプルにしておけ!この間抜け!

かなり過激な表現ですね(笑)。伝えたいメッセージとしては「単純化することが成功の鍵」ということです。ちなみにこの言葉はアメリカから生まれました。確かに単純化させるってアメリカっぽいですよね。日本ってどちらかというと複雑な感じですが・・・(苦笑)。この言葉は一般的にはKISSの原則(KISS principle)といわれています。もっと詳しく知りたい方はウィキペディアを覗いてみてください。

TakaのKISSにまつわるエピソード

ここでは、僕のKISS (Keep it simple, stupid)を知った成り行きをお伝えしたいと思います。

僕がアメリカに駐在していた頃、仕事の関係でメキシコに行く機会がありました。そしてメキシコからアメリカにフライトで戻ってきたときの税関で、無駄にアメリカにいる理由をペラペラ喋ってしまいました。その中で「英語も勉強している」と言ったことが原因で別の部屋に連れていかされました(笑)。後で分かったことですが、僕のビザは英語の勉強としては使えないものであったため、「英語の勉強」というワードはタブーだったのです。

英語もある程度話せるようになっていたこともあり、ついついペラペラと喋ったことがアダとなりました。最終的には何とか開放され、外で待ってくれていたボスに事情を説明すると、

Hey Taka, it’s better to tell simply.
いいかTaka、こういう時は簡潔に言うべきなんだ。

という言葉とともにKISSについても教えてもらったのです。皆さん税関では余計な事は言わないようにしておきましょう(笑)

余談ですが、連れていかれた部屋には15人くらいの外国人がおり(日本人は僕だけでした)、再度1人1人呼ばれてアメリカに来た理由を説明するといった流れでした。携帯等の電子機器は使用不可で(使っていたら怒られました)、待ち時間もこのときは1時間半程度待ちました。人生の失敗談としては良い経験にはなりましたが、皆さんには僕と同じようにはなってほしくないので、KISSを意識して税関に臨みましょう。アメリカの税関は中々厳しいんですよね・・・ちなみに僕はアトランタにあるハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(ATL)で経験しました。

Simple is best

“Keep it simple, stupid”はやや攻撃的な表現ですが、同様の意味で“Simple is best”も聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。この言葉は僕の好きな言葉のひとつです。今の時代はインターネットの影響で、入ってくる情報量が非常に多いため、仕事もプライベートも複雑化していると思います。ただ、そんなときこそ物事を単純化させることが大事であると考えます。シンプルに考えることで頭の中がスッキリとし、無駄なストレスから解放されます。

複雑な時代だからこそ物事を単純化させていきましょう!
Let’s keep it simple!

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー