英単語

「a red-eye flight」の意味と使い方【フライトに関する英語】

フライトに関する英語の中に

「a red-eye flight」

という言葉があります。

本日はこの意味や使い方をお伝えしたいと思います。出張などでよく飛行機に乗る方は必見です!

「a red-eye flight」の意味

「a red-eye flight」の意味は

(飛行機の)夜行便

です。

例えば夜遅くに出発して、早朝に着くようなフライトのことをいいます。

なぜレッドアイ(red-eye)かというと、深夜フライトのせいで十分に休息できず、寝不足のために目が充血して赤くなることを意味しています。納得の言葉ですね。


「a red-eye flight」を使った例文

それでは「a red-eye flight」を使った例文を見てみましょう。

【例文】フライト予約

A: What is the cheapest flight from Los Angeles to Detroit?
ロサンゼルス(LA)からデトロイトまで最も安いフライトは何ですか?

B: There’s a red-eye flight for only $300.
深夜便であれば300ドルしかしないですよ。

LAは西海岸側、デトロイトは東海岸側にあるため、アメリカ国内でも3時間の時差があります(デトロイトの方が3時間早い)。

また、LAからデトロイトまでは飛行機で5時間程度かかるため、夜10時のLAフライトで、朝6時にデトロイトに着くわけです。

実際に僕もLAからの深夜便に乗って、デトロイトについてからそのまま顧客訪問したことがありますが、さすがにしんどいので出来るだけ避けたいですね(笑)。

【例文】友だちの様子が・・・

A: You look tired. What happened?
疲れてそうやね。どうしたん?

B: I just got off the red-eye from London?
ちょうどロンドンからの深夜便から降りたところなんよ。

「red-eye flight」の代わりに「red-eye」だけでも通じますよ。

僕はデルタ航空を使うことが多いのですが、過去にビジネスクラスに乗れたことがあるので、その記事を参考に載せておきます。

今回のアメリカ出張では「デルタ・ワン」に乗れました!【デルタ・ビジネスクラス】
今回のアメリカ出張では「デルタ・ワン」に乗れました!【デルタ・ビジネスクラス】こんにちは! Takaです! 現在アメリカ出張中でして、日本との時間が逆になっております。 まさに「どっちかの夜は昼間...

フライトを予定する方で、コスト重視の場合は「red-eye flight」を検討してみてください!

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー