英語表現

【Take a crack at it】意味と例文をご紹介

take a crack at it

皆さんはこの英語表現を聞いたことはありますか?

Take a crack at it

僕が初めて聞いたときは「それにひびを付ける」という意味だと思っていました。ちなみにcrack(クラック)はひび、裂け目と言った意味を持っています。ちなみに僕の生活のお供であるグーグル先生は「それで亀裂を取ります」と翻訳しておりました。

さすがのグーグル先生もtake a crack at itの意味については直訳していますね。実は全く違う意味になります。

Take a crack at itの意味

Take a crack at itは「試しにやってみる、チャレンジしてみる」といった意味になります。僕もグーグル先生も全然違う意味で考えていましたね(笑)。Take a crack at itの他にも以下の表現があるので参考までにお伝えしておきます。

 

・Try it

・Give it a try

・Go for it

・Take a swing at it

・Take a shot at it

・Take a whack at it

・Have a go at it

色々な言い方はありますが全てtake a crack at itと同じ意味です。

余談ですが、crackはドラッグの一種の名称として使われたりもしています。犯罪系のアメリカンドラマを観ればcrackがドラッグという意味で使われていたりするかもしれません。もし見知らぬ人に「Do you wanna try crack?」と聞かれても、絶対にNoと言いましょう!

Take a crack at itの例文

以下にいくつか例文を記載しておきます。

A: I’m not sure I can do it…
(私にできるかな・・・)

B: Just take a crack at it!
(とりあえずやってみよう!)

A: Can you make it?
(できそう?)

B: Let me take a crack at it.
(試しにやらせてください。)

A: If we arrive at the station in 5 minutes, we can get a rapid train.
(もし5分で駅に着いたら、快速電車に乗れます。)

B: Let’s take a crack at it!
(頑張ってみよう!)

上記のような感じで使います。日本人であれば、「試しにやってみる」はtryが一般的だと思いますが、take a crack at itを使ってネイティブが使う表現を使ってみましょう。ネイティブもこの表現を聞いたら、「この日本人、ただ者じゃない!」と思ってくれるかもしれませんよ(笑)

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー