アメリカ

初対面のアメリカ人と話す時に大事なことはこの3つ!【アメリカビジネス】

握手

近年のグローバル化にともない、皆さんが海外に行く機会はますます多くなっています。中でもメーカー勤務をしている人たちは、大きな市場であるアメリカに出張することも多いです。

しかし、いきなりアメリカに行ってアメリカ人と話すことになったら、英語の問題もありますが、そもそもどのようにしてコミュニケーションをとれば良いか分からないですよね。しかもアメリカ人は体格がビッグな方が多いので、威圧感もハンパないです(笑)

そこで、そんな方を対象に、アメリカ人と話すときに特に大事だと思うことを3つお教えしたいと思います!

この記事の信頼性については、僕自身が現在進行形でアメリカ人とビジネスしていることと、アメリカ人のボスからアドバイスしてもらったことを盛り込んでおります。なので、信頼性はあると考えて頂ければと思います。

アイコンタクトは超重要!

1つ目ですが、アメリカ人と話す時は「アイコンタクト」は超重要です!

なぜ重要か?それはアメリカ人はアイコンタクトをされないと、「自信がない」とか「何か後ろめたいことがあるのか」などと考えるからです。

これは多くの日本人が苦手とすることですよね。現にアメリカ人のボスから、「日本人はアイコンタクト苦手だよね」と言われている始末です。

僕も実際に日本人の名刺交換の仕方を観察すると、確かにアイコンタクトは一切しておらず名刺ばかり見ている方が多いですね。若手からベテランに関わらずです。

せっかく能力が高くても、アイコンタクトが苦手なせいで初対面のときから勝手にネガティブな判断はされたくないですよね。だからこそアイコンタクトをしていきましょう!

もちろんアイコンタクトをいきなりできるかといったら、それは難しいと思います。しかし、訓練すればできるようになるのも事実です。

僕が実際にやったトレーニング法は、普段買い物したときに、レジでお会計が済んだら相手の目を見て「ありがとうございます」と言うようにしていました。また、ビジネス上で名刺交換をするときは、常にアイコンタクトを意識しました。

慣れないことをやるときは、常にそれを意識するのが重要です!

アイコンタクトの練習はそれこそどこでもできるので、少しずつ鍛えていきましょう!ただし、男性諸君は女性のことをずっと見続けていると「不審者」に思われるので、そこは注意してください!(笑)


しっかりと握手する

2つ目はしっかりと握手すること!これも超重要ですね。アメリカ人と初対面のときはしっかりと握手しましょう。アメリカでは超基本的な行為になります。

日本ではビジネス上で初対面のときはまずは名刺交換ですが、アメリカではまずは「握手」です。ちなみに名刺交換については以下の記事を参考にしてみてください。

名刺交換
アメリカの名刺交換は日本と違う!?【名刺交換より自己紹介が大事】皆さんが企業に就職したら新人研修を受けますよね。その中にあるのが「名刺交換」の練習だと思います。名刺交換一つにしても、色々ルールがありま...

握手するときもポイントがあって、男性同士の場合は「しっかりと握手する」ということです。握手に慣れていない日本人が良くやってしまいがちなのが、とても弱弱しい握手をしてしまうということです。これ結構やってしまうらしいので要注意ですよ!

弱弱しい握手をするとアメリカ人にどう思われるかというと、「自信がない」と思われたり、「ゲイなのか?」と思われてしまったりします。

ただでさえ日本人男性はゲイ的ファッションをしがちなので、注意してください。僕も昔はゲイ的ファッションの常習犯であったことをここで告白しておきます(笑)

どんなファッションスタイルがゲイと思われるかについては、以下を参照ください。

日本人男性は外国人にゲイだと思われている!?Hello! 本日は男性必見です! 結論を申しますと、 日本人男性は外国人からゲイだと思われている可能性がメチャメチャ...

※念のために記載しておきますが、僕は全くゲイの人を差別しておりません。多様性をこよなく愛する1人です。上に紹介した記事は、あくまでゲイじゃないのにゲイだと思われる人を救うための記事です。

 

さて、男性諸君!もしゲイの方に変なお誘いを受けたら、こう言って断りましょう!(笑)

I’m sorry, but I don’t swing that way.
申し訳ないけど、僕はそっちの趣味はないんだよ。

少し話がそれましたが、とにかく男性同士で握手するときはしっかりと握手して、自身溢れる姿を見せましょう。それだけでアメリカ人から、「ん!?この日本人はなんか違うぞ!」と、いい意味で特別な存在だと認識されます。

当たり前ですが女性と握手するときは、優しく握手しましょう。あまりにも相手が美しいからといって、長く握手するとこれまたキモイので気をつけてください(笑)

とにかく握手は日本人にとってはイレギュラーな行為なので、慣れるまでは意識して行うようにしてください!

笑顔を忘れない!

3つ目は「笑顔を忘れない」ということです!

さいごに超当たり前のことを記載しました。なぜこんな当たり前のことを記載したのでしょう?それは、どうしてもアメリカビジネスは始めのうちは様々な不安が重なって、意識しなければ笑顔が消えてしまうからです。

確かに不安になるのは分かります。異国の地、英語、外国人、、、むしろ不安にならない方がおかしいですよね。しかし、そんなときこそ意識して笑顔をつくるのです。特にビジネスで出張に来た場合、あなたは会社の代表、厳しいことを言うと甘えは許されません。

笑顔でピンチを切り抜けましょう!

僕は今でもアメリカ人と話すときは不安がゼロではありません。しかし、顧客訪問するときは少し自信過剰なくらいで乗り込みます。

僕は周りから自信過剰に見られますが(笑)、結構フェイクなことが多いです。まずは形から入っていくタイプです。

僕は知識もスキルもそんなにないですが、いつも自信を持って何でも挑みます。理由はその方が力を発揮できると科学的に証明されているからです。

自信を持った方が良い結果を導くことは、以下のTED Talkから学びました。皆さんも一度視聴してみてください。

 

このTED Talkで僕がメッチャ好きな言葉も以下に記載しておきます。

Fake it till you make it!

上手くいくまでは上手くいっているふりをしよう!

まとめ

ビジネス上で初対面のアメリカ人と話すときに大事なことは以下の3つです。

①アイコンタクト

②しっかりと握手

③笑顔

さいごに僕からちょっとしたアドバイスをします。

ビジネス上でアメリカ人と話をするときは確かに緊張するかもしれませんが、ミーティングの場は、日本人の顧客のときよりも断然和やかです。

コーヒーを飲んでたまにジョークを言ったり、プライベートな話をしたりと、ビジネスだとしても100%ビジネストークにはならないんですよね。

僕はアメリカ人とミーティングするのは楽しいと思っています。皆さんも実際にアメリカ人と会話した際に、「確かにTakaの言っているとおりだ!」と思って頂ければ嬉しいです。

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー