アメリカ

【アメリカ・ミシガン州で運転免許取得】学科試験のオススメ勉強法

Driver's License

アメリカ・ミシガン州で運転免許を取得したい方の初めの関門は学科試験ですよね。

今回は「学科試験に合格するために、どんな勉強をすればいいの?」と疑問や不安を抱いている方のために、僕がオススメする勉強法を記載したいと思います。

オススメ教材

学科試験に合格するために必要な教材は以下の2つです。

  1. 教本(What Every Driver Must Know)
  2. DMV Genie(サイト&アプリ)

①教本は以下のようなものになります。

この教本は、学科試験を受ける場所であるSOS(Secretary of State)にて無料で配布されています。最寄りのSOSに行って、貰ってきましょう。

電子版は以下リンクからもダウンロードが可能です。
⇒【教本リンク

②DMV Genieは、実際に疑似テストを受けることができる無料サイトになります。
⇒【DMV Genieサイト

ちなみにアプリでもダウンロードすることができますよ。

※実際の学科試験は日本語で受けることが可能ですが、今回ご紹介した教材は英語になります。

オススメ勉強法

ここでは、僕が効率的だと思う勉強方法をお伝えします。

上記でご紹介した2種類の教材ですが、メインはDMV Genieを使用してください。実際に疑似テストを受けた方が、どんな感じのテスト問題がでるのかが分かるので、より効率的な学習ができると考えます。高校・大学受験の過去問と同じ要領ですよね。

DMV Genieでは「Easy」「Hard」「Hardest」から問題を解くことが可能ですが、Hardestはやる必要はないですね。

Hardestの問題は、「違反したときに何点加点されるか?」といったかなり法律に近い問題ばかりで、実際のテストでは出てこない問題が多いです。したがって、効率面を考えると、Hardestはやらなくて良いといのが僕の考えです。

教本については、特別深く読む必要はないです。もちろん教本を読むことで英語の勉強にはなることは確かですが、僕の場合、英語勉強といっても、楽しくないことは出来る限りしたくないので(笑)、最低限必要なところだけ確認しました。

教本のChapter5には、標識の説明がされています。標識に関する問題は良くでるので、ここは一度確認しておくことをオススメします。

参考にChapter5の標識を載せておきます。

標識2

いざ学科試験へ!

DMV Genieでの模擬試験と教本の標識を勉強したら、実際に学科試験を受けに行ってみましょう!

学科試験の受け方や問題の詳細については、以下の記事に詳しく記載しております。

【アメリカ(ミシガン州)で運転免許取得】学科試験の受け方今回は、アメリカ(ミシガン州)での運転免許を取り方、特に学科試験の受け方を記載します。 僕は現在ミシガン州に住んでいるのですが、先...

皆さん、学科試験頑張ってくださいね!

オンライン英会話比較!

英語を話せるようになるには
英語を話す練習が必要です。

その手段として
オンライン英会話があります。

Takaがオンライン英会話を
実際に利用・比較したので、

英語が話せるようになりたい方は
参考にしてみてください!

オンライン英会話比較