英語表現

日本人が知らない「kind of」の意味と使い方は?

アメリカ人が良く使う英語表現に「kind of」という言葉があります。今回はその意味や使い方をお伝えします。

「kind of」の意味

「kind of」の意味は

「ちょっと」
「すこし」
「まあ」

という意味でアメリカ人は良く使います。実際の日常会話で頻繁に出てくる表現です。


「kind of」の使い方

「kind of」を使った例文を以下に記載します。

It is kind of hot today.
今日はちょっと暑いですね。

She is kind of cute.
彼女はちょっと可愛いな。

He is kind of cool.
彼はちょっとカッコいい。

The train is kind of late.
その電車はすこし遅れている。

「kind of」は返答時にも使われる

「kind of」は返答する時にも使われることが多いです。例を見てみましょう。

A: Is Monica your girlfriend?
モニカはあなたの彼女なの?

B: Kind of.
まあね。

A: Did you get angry with him?
あなたは彼のこと怒っていたの?

B: Kind of.
少しね。

「kind of」の省略形は「kinda」

アメリカ人は「kind of」と言うとき、両者の単語をひっつけて

「kinda」

と言うことが多いです。ちなみに「カインダ」と発音します。

皆さんも慣れてきたら「kinda」と言ってみましょう。僕も日常会話で頻繁に使うので、若干口癖になりつつあります(笑)。

アメリカ人が良く使う英語表現

日本人は知らないけれど、アメリカ人が日常会話で良く使う英語表現については、以下にもご紹介しているので、参考にしてみてください。

【”I gotta go”の意味】アメリカ人が良く使う英語表現です!こんにちは!英会話ラボ管理人のTaka(@taka0819_lab)です。 僕は仕事の関係で現在アメリカに駐在しているのですが、普...

https://xn--zdkza591sx59bl3h.com/you-know-what-i-mean/

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー