英語学習法

英語喉という本を使って発音強化していきます!

英語喉

Hello!

英会話ラボ管理人のTakaです。

皆さんの中では英語の発音が中々上手くいかないとお悩みの方は多いのではないでしょうか?僕も発音はそこまで上手ではなく、現状のレベルは「意味はちゃんと伝わる」といったところでしょうか。ちなみに僕の発音のレベルを音声収録してみたので、参考までに聴いてみてください。


※Takaの英語発音(2018年5月19日に収録)

決して発音は上手くないですが、一応ネイティブ・ノンネイティブに関わらずちゃんと伝わります。実際に僕はこのレベルの発音で外国人とビジネスしております。

ただ、やっぱりもっと発音が上手くなりたいという思いは強いです。そして僕だけじゃなく、これから英語を勉強し始める皆さんもきっと同じ思いだと思います。日本人で綺麗な発音で英語を話す人ってなんかカッコいいですしね!僕はメンズなので「女の子にモテるかも!?」とか思ったりもしています。アホですね(笑)。

そんな僕と同じように発音が上手くなりたいと思っている方のために、僕が実際に本日から発音の勉強をしていきたいと思います!そして僕の発音の経過観察をしながら、大人になってからでも英語の発音は鍛えられることを証明できれば、皆さんのモチベーションにも繋がるのではないかと考えています。

それでは以下に具体的なメソッドを記載していきたいと思います

英語喉という本を使って発音の練習をする

具体的な発音練習法としては、英語喉という本を使います。著者は上川一秋さんという方で、本だけでなくYoutubeやTwitterでも情報発信している方になります。

僕がなぜ英語喉という本を選んだかというと、タイトルが本質をついているなあと思ったからです。ネイティブを観察すれば分かりますが、みんな喉から声を出しているんですよ。だから英語発音上達のポイントは喉だと仮説しておりました。そして英語喉という本に出会い、上川一秋さんのYoutubeやTwitterを見て、この本は信頼できそうだと思ったわけです。

英語喉に書かれていることをひたすら忠実に実行していこうと思っています。僕も発音がネイティブレベルになることを想像すると、非常にワクワクしてきます!


そもそもなぜ英語は発音が重要なのか

皆さんなぜ英語の発音が必要だと思いますか?僕の中での回答は2つあります。

①自分の英語を相手に伝えるため

②相手の英語が理解できるようになるため

①については皆さんも理解できますよね。発音がある程度良くないと、外国人にとっては聞き取りづらく、間違った理解をされる可能性がでてきます。

僕の友だちなんかは、大学院の研究発表の学会のためにアメリカに行った際、現地のカフェでコーヒーを頼んだら、バカでかいコーラがでてきたと言っていました(笑)。

余談ですが、その友達はアメリカ最終日にカジノに行って豪遊(といっても掛け金10ドル程度)し、次の日の早朝フライトに乗り遅れて帰れなくなくなっていました(笑)。僕は関西人として、「いいネタできたやん!」と褒めておきました(笑)

②については皆さんの中でも知らない方が多いと思いますが、発音が上手な方は英語リスニング力も高いです。理由は自分の口から出せる音は、聞き取ることも容易だからです。つまり聞き取った英語を英語のままで理解できます。反対に発音が下手な方(自分の口から音が出せない方)は聞き取った英語を知っている言葉に置き換えてしまいます。多くの日本人の頭の中では、聞いた英語をいったんカタカナに置き換えてしまいます。詳しいことは英語耳という本に記載ありますので、ぜひ参考にしてみてください。

僕はもともと英語耳という本を勉強していました。この本もとてもオススメで、日本人が不得意な音(RとLの違いなど)をどのように発音するか記載されています。僕は英語耳のお陰でネイティブに伝わる英語を身に付けました。

英語喉メソッド実践の定期報告を行います

皆さんは英語喉という本がどこまで信頼性があるのか気になると思いますので、僕が実際に本を使って勉強しながら、定期的に経過報告したいと思います。皆さんの中には「発音は大人になってから変えるのは難しい」と思っている方も多いと思いますので、その価値観をアンインストールさせることができれば光栄です。そして僕が新しい価値観「大人になってからでも発音は鍛えられる」をインストールしたいと思います。

僕と一緒に発音強化したい方は、ぜひ今から英語喉を使ってネイティブ発音を目指しましょう!

Let’s improve our English pronunciation!


ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー