英語学習法

「apply to」と「apply for」の意味と違い

英語学習者の方であれば、一度は迷うと思われるのが、”apply to”と”apply for”の違い。今回は両者の違いについて説明したいと思います。

「apply to」と「apply for」の意味

両者ともに

「申し込む」

という意味になります。

「apply to」と「apply for」の違い

【apply to】

申し込む対象が「学校」「会社」「(授業で受ける)コース」

前置詞”to”のイメージは、対象に向かうイメージです。例えば

「A apply to B」

の場合は、AからBまで向かっていくというイメージです。学校も会社も授業で受けるコースも全てその場所に向かっていきますよね。だから”apply to”なのです。

 

【apply for】

申し込む対象が「モノ」「職」

前置詞”for”のイメージは対象を求めるイメージです。例えば

「A apply for B」

の場合は、AはBを求めているというイメージです。モノや職は求める対象であるため”apply for”となるわけです。

「apply to」を使った例文

“apply to”を使った例文を以下にご紹介します。

I applied to the school.
私はその学校に申し込みました。

I applied to the company.
私はその会社に申し込みました。

I applied to the English course.
私はその英語コースに申し込みました。

「apply for」を使った例文

“apply for”を使った例文を以下にご紹介します。

I applied for the job.
私はその仕事に申し込みました。

I applied for the scholarship.
私はその奨学金に申し込みました。

I applied for the sales position.
私は営業職に申し込みました。

「who」と「whom」の違いは?アメリカ人は「whom」を使わないってホント!?皆さんは関係代名詞である「who」と「whom」の違いを知っていますか?本日はこれらの文法的な違いを説明します。 「who」と「who...
オンライン英会話比較!

英語を話せるようになるには
英語を話す練習が必要です。

その手段として
オンライン英会話があります。

Takaがオンライン英会話を
実際に利用・比較したので、

英語が話せるようになりたい方は
参考にしてみてください!

オンライン英会話比較