英文法

「Apply to」と「Apply for」の意味や違い

Apply to/forの意味や違い

Hello everyone! How’s it going?

TakayGloriaの英会話ラボにお越し頂き、ありがとうございます。

英語学習者の方であれば、一度は迷うのが、

「apply to」と「apply for」の違い

だと思います。

そこで、今回はapply toとapply forの意味や違いについて解説したいと思います!

Apply to/forの意味

「apply to」と「apply for」はどちらも

~に申し込む
~に申請する
~に応募する

という意味になります。

Apply to/forの英語での意味は以下のとおりです。

Make a formal application or request.


Apply to/forの違い

Apply to/forの使い方の違いについて説明します。

Apply to

Apply toの場合、申し込む対象は以下になります。

学校、会社、(授業で受ける)コース

Applyの後に続く前置詞「to」のイメージは、対象に向かうイメージです。

例えば、

A apply to B

の場合は、AからBまで向かっていくというイメージです。

学校、会社、授業で受けるコースはすべて、その場所に向かっていきますよね。

だから「apply to」とtoが前置詞として使われるのです。

Apply for

Apply forの場合、申し込む対象は以下になります。

モノ、職

Applyの後に続く前置詞「for」のイメージは、対象を求めるイメージです。

例えば、

A apply for B

の場合は、AはBを求めているというイメージです。

モノや職は、求める対象であるため「apply for」とforが前置詞として使われます。


Apply to/forの使い方

Apply to/forを使った例文を、以下に記載します。

Apply to

I applied to the school.
私はその学校に申し込みました。

I applied to the company.
私はその会社に申し込みました。

I applied to the English course.
私はその英語コースに申し込みました。

学校、会社、コースはすべて向かう対象となるため、「apply to」が使われます。

Apply for

Apply forを使った例文を、以下にご紹介します。

I applied for the job.
私はその仕事に申し込みました。

I applied for the scholarship.
私はその奨学金に申し込みました。

I applied for the sales position.
私は営業職に申し込みました。

仕事、奨学金、ポジションは求める対象であるため、「apply for」が使われます。


Applyの意味

今までは、Apply to/forの意味や使い方についてお伝えしましたが、「apply」のみでは、以下の意味で使われます。

~に適用する
~に適用される

Applyの英語での意味は以下のとおりです。

Be applicable or relevant.

以下に例文を記載します。

Normal rules apply.
一般的なルールが適応される。

Different laws apply in different jurisdictions.
異なる法域では異なる法律が適用されます。

We have a police force and a court system to apply the laws equally to all.
私たちには、すべての人に平等に法律を適用するための警察と法定制度がある。

まとめ

Apply to/forの意味や違いを以下にまとめます

Apply to/forの意味や違い

Apply to/forの意味
~に申し込む
~に申請する
~に応募する

Apply toの対象
学校、会社、(授業で受ける)コース

Apply forの対象
モノ、職

是非皆さんもapply to/forを使いこなしてくださいね!

また、以下の記事も参考にしてみてください。

「Think OF」と「Think ABOUT」の違いを解説!Hello everyone! How’s it going? こんにちは、Takaです。 皆さんは Think OF ...
「who」と「whom」の違いは?アメリカ人は「whom」を使わないってホント!?皆さんは関係代名詞である「who」と「whom」の違いを知っていますか?本日はこれらの文法的な違いを説明します。 「who」と「who...
Eat chickenとEat chickensでは意味が全く違います!Hello everyone! How’s it going? こんにちは、Takaです。 早速ですが、英語学習者の皆さんは以下...

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方に、オススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー