英語表現

アメリカ人は「I’m doing well」とは言わない!?【文法】

Hello everyone! How are you?
こんにちは、Takaです。

今回は皆さんに

I’m doing good.
I’m doing well.

の2文について

  • 文法的にはどちらが正しいのか
  • アメリカ人はどちらの表現を使うのか

について解説したいと思います。

ちなみに僕は現在アメリカに駐在しているのですが、今回記載する内容については複数のアメリカ人に確認しているので、信頼性は保証します!

I’m doing goodは文法的には間違い

実はI’m doing goodは文法的には間違いです。

皆さんが学校で習う教科書にもI’m doing wellと記載されていると思います。

それでは、なぜI’m doing goodは間違いなのか解説します。

「I’m doing」の後には、副詞を入れるのが、文法的には正しい表現になります。

I’m doing goodのgoodは形容詞
I’m doing wellのwellは副詞

したがって、文法的にはI’m doing wellが正しい表現になります。

ちなみに形容詞は英語でadjective、副詞の英語はadverbと言いますので、合わせて覚えておいてください。


アメリカ人はI’m doing wellと言わない

I’m doing wellが文法的には正しい表現であることを上記で説明しました。ここで1つ皆さんに衝撃の事実をお伝えします!

実はアメリカではほとんどの方がI’m doing goodと言います。

I’m doing wellという方は極めて少ないです。文法的に正しいにも関わらず、です。

ちなみに僕が「アメリカ人」と前置きしているのは、アメリカ人以外で検証していないからです。ネイティブ英語と言っても、アメリカ英語とイギリス英語では異なる点も多いので、現在僕が確証を得ているアメリカ英語に限定しています。

仮にアメリカ人がI’m doing wellと言ったら、聞き手はどういう気持ちになるか、実際にアメリカ人に聞いてみると、

「正しい文法を使いたい人」
「文法にうるさい人」

という意見がでてきました(笑)。

もちろんI’m doing wellもI’m doing goodもどちらを使うかは、個人の自由ですよ!

「who」と「whom」の違いは?アメリカ人は「whom」を使わないってホント!?皆さんは関係代名詞である「who」と「whom」の違いを知っていますか?本日はこれらの文法的な違いを説明します。 「who」と「who...

I’m doing greatは文法的に間違い

I’m doing greatも文法的には間違いになります。

正しく言おうとすれば、

I’m doing greatly.

となります。

※「greatly」は副詞

ちなみに僕はアメリカ人がI’m doing greatlyと言っているところを聞いたことがありません。皆さんI’m doing greatと言いますね。

文法的には間違っていても、実際には多くの人が使っている英語表現の例でした。

「話すため」の英文法について勉強したい方は、以下の本がオススメです。


ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は、Speaking Bizのレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー