英語表現

「Think OF」と「Think ABOUT」の違いを解説!

Hello everyone! How’s it going?
こんにちは、Takaです。

皆さんは

Think OF
Think ABOUT

のニュアンスの違いは分かりますか?

どちらも「考える」という意味で使われますが、ofを使うかaboutを使うかで若干ニュアンスが変わってくるんですよね。

そこで今回は、think of/think aboutそれぞれの違いについて解説します!

英会話ラボの記事は、事前に英語ネイティブであるアメリカ人からのチェックを受けているので、信頼性は保証します!

Think OF/ABOUTの違い

それぞれの意味やニュアンスの違いについて説明します。

①Think of A
Aのことだけを(短期間)考える、思い浮かべる、思い出す

という意味で使われます。

考える対象はAだけで(他のことは考えない)、考える期間も短期間になります。思い浮かべたり、思い出すときにも使います。

②Think about A
AやAに関することを(長期間)考える

という意味で使われます。

Think ofとは異なり、考える対象はAやAに関連することまで広がります。また、think ofはパッと思い浮かべるイメージがありますが、think aboutは考えるプロセスを踏んでいます。


Think OFを使った例文

それではthink ofを使った例文をいくつか紹介します。

I thought of you last night.
昨晩君のことを考えたよ。

恋人に対して使うのは良いと思いますが、あまり親しくない人に使うと「なんかこの人気持ちわるい!」と思われる可能性があるので、注意が必要です(笑)。

I can’t think of his name.
彼の名前を思い出せない。

思い出せない(can’t remember)という意味でもthink ofを使うことができます。

イメージとしては「彼の名前がぱっと頭の中に思い浮かばない」といったニュアンスで使われます。

What do you think of this jacket?
このジャケットってどう思う?

買い物で良さそうなジャケットを見つけたので、友だちにちょっとした意見を聞いてみるときに使えますね。

ビッチ(bitch)の本当の意味や使い方は?【英語スラング】日本人でも英語ネイティブと同じように「ビッチ(bitch)」という言葉を使いますよね。しかし、日本人が意味するビッチは英語ネイティブの「...

Think ABOUTを使った例文

次にthink aboutを使った例文を以下に記載します。

I thought about you last night.
昨夜あなたの事(あなたに関する事を含む)を考えたよ。

例えば上司が「部下のキャリヤについて考えた」という意味で使うことも可能です。

「thought about」が「thought of」に変わると、「部下自身の事を考えた」となってしまうので、セクハラ発言になってしまう可能性があるわけです。

ビジネスの場で使う場合は特に注意しておく必要があります。

What are you thinking about?
何を考えているの?

もし友だちが考え事をしていそうだったら、この表現を使うことができますね。

I will think about it.
考えておきます。

これも「後で考えておく」という場合に使いますね。「色々なことを考慮して考える」といったニュアンスを持っています。

What do you think about it?
この事についてどう思う?

この場合はthink aboutが使われているので、期待していることは「考えた上での意見」になりますね。議論などで使います。

もし「What do you think of it?」になれば、気軽な意見を求めていることになりますね。

「water」と「a water」の違いは?レストランではどちらを使うべき?皆さんは以下2つのニュアンスの違いは分かりますか? 「water」 「a water」 今回はこれらの違いを説明したいと思...

Think OF/ABOUTが共に使えるケース

Think OF/ABOUTがどちらも使えるケースも存在します。例えば、

I’ve been thinking of/about you.
あなたのことを考えていた。

通常、「あなたのことだけ」を考える場合はthink ofを適用しますが、この場合は現在完了形を使っているため、長期間を意味します。したがって「あなたのことだけ」を考える場合だとしてもthink aboutを使うことができます。

どちらの方がアメリカ人としては一般的に使われているかというと、

I’ve been thinking about you.

になります。実際に「I’ve been thinking of you」でググってみても、「I’ve been thinking about you」の結果ばかりがヒットします。音楽にも同じタイトルで使われていますね。

ただし、アメリカ人のネイティブに聞いたところ、「I’ve been thinking of youの方がエレガントに聞こえる」という意見もありました。

どちらの表現を使っても間違いではないですが、「I’ve been thinking about you」の方が一般的に良く使われていると覚えておいてもらえればOKです。

「確認する」の英語は?「confirm with」と「confirm to」はどちらが正しい?「確認する」という言葉は仕事でもプライベートでも良く使いますよね。今回は「確認する」の英語表現をご紹介したいと思います。 ※記事投...
MeetとSeeの違いを解説!どちらも「会う」という意味Hello, how’s it going? こんにちは、Takaです。 英語学習者の皆さんであれば、ほとんどの方が以下の単語の...

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は、Speaking Bizのレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー