英語表現

英語が聞き取れなかったときに言うべき【英語フレーズ7選】

外国人と英語でコミュニケーションを取る場合に起こりがちなことは、「今なんて言ったんだろう?」ということです。英語を第二言語としている僕たちにとって、相手の言っている英語をすべて理解することは中々難しいと思います。

今回は、相手の(英語で)言っていることが分からない場合、どのような英語フレーズを使って聞き返せばよいかをご紹介したいと思います。

今回ご紹介する英語フレーズはすべて、Takaが実際に実践で使っている英語フレーズになるので、効果があることは検証済みです。僕自身は仕事の関係上、アメリカ人顧客とミーティングをする機会がいっぱいあるので、いつも何て言っているか分からないことだらけです。すいませんもっと勉強します(笑)

⇒【アメリカ出張記録

英語が聞き取れないときに言うべき英語フレーズ

(I’m) sorry?

これは相手が言っていることを聞き逃してしまったときに、「ゴメンもう一回言ってもらえる?」というニュアンスで使います。日本人の感覚からすると、質問の仕方がダイレクトで失礼と思うかもしれませんが、英語は基本的にはダイレクトな表現でも問題ありません。
※もちろん時と場合によりますが・・・

僕自身もビジネスの場で使いますし、僕の元同僚のアメリカ人も普通に使っていたので、ビジネスの場で使っても全然問題ないですよ。

Say again?

これも相手の言葉を聞き逃してしまったり、もう一回言ってほしいときに「もう一回言ってくれる?」といったニュアンスで使われます。上でご紹介したSorry?よりもさらにダイレクトな表現の気がしますが、これもアメリカのビジネス現場で普通に使われます。

アメリカの場合、日本よりもダイレクト(直接的な)表現が普通に使われるのも関係しているかもしれません。日本人のように英語を第二言語としている国に対しては、もう少しやわらかい表現にしてもいいかもしれませんね。

Could you say it again?

これは「もう一度言ってもらえますか?」とかなり丁寧な表現になります。日本人が好みそうですね。また、初めて会う重要な顧客のときには、これくらい丁寧な表現を使った方が安全だと思います。

僕はアメリカ人相手のときは、結構ダイレクトな表現を使っていきますが、英語を第二言語とする国の方で、まだ関係性が構築できていないときは、できるだけ丁寧な表現を心がけています。これこそが日本人ブランドですよ!

⇒【英語の発音はどの程度必要?

Pardon?

これも「もう一度言ってもらえますか?」と言った表現になります。日本人でもこの英語は知っている方も多いと思います。僕はあまりPardon?という言葉は使いませんが、僕の元アメリカン上司(当時55歳くらい)はビジネス現場でも良く使っていましたよ。

What (did) you say?

これは直訳どおり「何て言いましたか?」になります。もしアメリカ人がこの言葉を使ってくると、didは聞こえずにWhat you say?と聞こえます。僕も使うときはちょっとアメリカン風にdidは言わずに質問します。

Could you speak more slowly?

先程ご紹介した表現はすべて、もう一度言ってほしいというニュアンスでしたが、この表現は「もう少しゆっくり喋っていただけますか?」と、聞き逃したときではなく、相手の言葉が早すぎて聞き取れなかった場合に使う英語フレーズになります。

この表現は英語初心者・中級者であれば、相手の英語が早すぎて聞き取れない場合が多いので、この表現をたくさん使うことになると思います。

(Do) you mean~?

この表現は、「~という意味ですか?」とたずねるときの英語であり、「おそらくこういう意味だと思うけど、自信がない」といった場合に、自分の理解が正しいかどうかを確かめるために使います。

⇒【マイルストーンってどういう意味?


Yesは使ってはいけない

日本人にありがちなのが、何と言っているのかわからずに「Yes」と言ってしまうことです。

仮に「今日は何を食べたいですか?」と聞かれたときに「はい、そうです」とか言うと、相手にとっては意味が分からないですよね。僕だったら「漫才かよっ!」ってツッコんでしまいそうです(笑)

漫才にならないためにも、もし分からなければ、まずは先ほどご紹介した英語フレーズをぶつけてみて、それでも分からなかったら、Yesの代わりに次の英語フレーズを使いましょう。

I’m sorry but I couldn’t understand what you said because of my English.

すみませんが自分の英語力のせいで言っていることが理解できませんでした。

やみくもにYesと言って相手を困惑させるよりは、「分からない」という意思表明をするほうがはるかに重要です。

僕の英語リスニング力はアメリカンドラマを観て鍛えたので、オススメのドラマをご紹介しておきます。

アメリカンドラマ「FRIENDS」が英語学習にオススメな3つの理由Hello guys! How’s it going? 本日は英語学習の教材として「FRIENDS」というアメリカンドラマが非常に...

おもしろ動画で楽しく英語リスニング力を鍛えるのも有効です。

https://xn--zdkza591sx59bl3h.com/smosh-pokemon/

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は一度「SpeaKing Biz」のレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー