英語表現

【Just so you know】の意味と使い方

英語ネイティブが良く使う英語表現に「just so you know」があります。日本の学校では習わない表現ですよね。

今回は、just so you knowの意味や使い方をお伝えします。

実際に僕とアメリカ人の英語の先生がやり取りしているメッセージも見せますよ!

Just so you knowの意味

Just so you knowの意味は

  • 念のために知らせておくと
  • ひとこと言っておくと
  • ちなみに

といった意味で使われます。

日本語でも良く使う表現ですよね!


Just so you knowの使い方

Just so you knowの例文をいくつか記載します。

Just so you know, Mike is vegetarian.
念のために知らせておくと、マイクはベジタリアンだよ。

Just so you know, my boss will attend the meeting, too.
ちなみに、私のボスもミーティングに参加予定です。

僕がこの表現を知ったキッカケは、僕がアメリカ人の英語の先生とメッセージのやり取りをしていたときのことです。

日本人が良く使う「ハーフ」という表現が、実は和製英語であることを教えてもらったので、記事にしたことを先生に伝えました。その際にタイプミスがあることを知らせてくれた際に、just so you knowが使われていました。

ちなみにメッセージ内に出てきたハーフに関する記事は以下になります。

日本人が使うハーフ(half)の意味は間違い!?こんにちは!英会話ラボのTakaです。 僕は今まで国籍が異なる両親から生まれた人のことを「ハーフ」と呼んでいたのですが、アメリカ人...

さいごに

Just so you knowは使いやすい英語表現なので、この記事を読んだ皆さんは、外国人とコミュニケーションを取る際にも使ってみてください!

ちなみにjust so you knowに関してYoutTube動画を探していると、中々いい感じのミュージックがあったのでご紹介しておきます。

歌詞の中にjust so you knowが何度も出てくるので、今回ご紹介した表現もすぐに覚えられそうですね。

Just so you know, I have more articles to share with you below!

【low-keyの意味】アメリカ人が良く使う英語スラングです!皆さんは以下のスラングをご存知でしょうか? low-key 日本の学校では習わない英単語ですよね。しかし、アメリカ人は日常会...
【hook upの意味】英語ネイティブが日常会話で使うスラングアメリカなどの英語圏で生活していると、日本では聞いたことがない英語表現を聞く機会が多いです。 実際に今回ご紹介するhook upと...

ビジネス英語を身に付けたい方へ

仕事の関係で英語を必要とする方にオススメの学習プログラムがあります。

それは「SpeaKing Biz」です。

英会話ラボのTaka自身も使用していますが、ビジネス英単語・英語表現を効率的に学ぶことができます。

興味のある方は、Speaking Bizのレビュー記事を確認してみてください。

【SpeaKing Biz】レビュー